クレジットカード現金化のメリット・デメリット

【クレジットカードの現金化】その方法とメリット・デメリットについて

クレジットカードの現金化をするときは大体、急に現金が必要になってしまったときだと思います。
しかし、クレジットカードの現金化は方法により、メリットやデメリットが出てきてしまうので注意が必要です。
そこで、現金化をするときの方法とメリットやデメリットなどについてご紹介をしていきます。

▼ 目次

クレジットカードで現金化をするときの方法!

クレジットカードを使って現金化をするときは2種類の方法があります。
1つ目は自分で商品を買い、それを換金してお金に換えるという方法。
2つ目は業者に依頼して安全に現金化をする方法があります。
どちらで現金化をするかは本人の意思により決められますが、それぞれメリットやデメリットの違いがあるので、その点について見ていきたいと思います。

クレジットカードで現金化するときのメリット!

自分でクレジットカードを使って現金化をするときのメリットは、自分で商品を買って換金するので換金率がどのくらいあったかというのが目先の金額で分かるところです。
実際に自分で商品を選びカード決済で購入した後、お店に持って行って換金をしてもらい実際に商品を購入した代金と売ったときの差額分により、換金率がどのくらいあったかを計算できます。
また、自分で行うことで現金化の悪徳業者に引っかかるリスクも抑えられます。

一方、業者に頼んで現金化をしてもらうときのメリットは、手軽で簡単に利用できるというところです。
仕事で忙しい状態でも業者が商品の購入から換金まで行ってくれるので、労力を使わなくても代理で現金化をしてもらえるところがメリットとなります。
また、業者によっては入金スピードが速いところやクレジットカードの会社に現金化をしていることがバレにくいというメリットもあります。

クレジットカードの現金化は業者に頼む場合、審査はいるの?

仮に、クレジットカードの現金化を業者に依頼した場合、審査などの手続きはいるのでしょうか。
基本的に現金化を業者に頼む場合は、クレジットカードを持っていれば審査なく利用できます。
ただ、利用申し込みをする必要があり、申し込みには身分証明書を提示すれば利用できるところが多く、手軽で簡単に利用できるという業者がたくさんあります。

クレジットカードで現金化をしたときの支払方法!

次に現金化をした後の支払い方法についてなのですが、一般的に現金化というのはクレジットカードを使って行います。
これにより支払い方法としては通常の一括払いとリボ払いを選択できます。
現金化をする人の中には商品を買った代金を一括で支払えないという人もいて、リボ払いで複数回に分けて支払いを行うという人もいます。
基本的に高額な商品を買う以外は一括で支払いができると考えられますが、主婦や学生の人が現金化をしたときは一括で支払いを行うことが困難になるケースが多く、リボ払いで支払いをするという人もたくさんいます。

クレジットカードの現金化するときのデメリットとは?

クレジットカードを使って自分で現金化をするときのデメリットは、労力を費やしてしまうという部分です。
また、労力を費やす以外にも、高く買い取ってもらえるところに売ろうと考えるため時間も浪費してしまいます。
さらに、自分で行うということは、クレジットカードの会社に現金化をしていることがバレてしまう危険性もあるということを覚えておきましょう。

一方、業者に依頼をして現金化をしてもらうときのデメリットとしては、入金が早いといっていた業者が入金をしてくれなかったり、家族がいるときに電話やメールをしてくることでバレやすくなるという問題が浮上します。

業者に頼んだとき現金化の入金スピードは早いの?

実際に現金化を業者に頼んだ場合、入金をしてもらえなかったというケースはよくある話です。
入金が早いという業者を選ぶ場合は比較的、会社名が有名なところに依頼をするのが安全だと思います。
会社がしっかりしているところに依頼をすれば、入金スピードは早くて5分〜10分程度。
または当日中にはお金を入金してもらえるので、急に現金が必要になっても安心です。

現金化を業者に頼んだときに家族にバレない方法!

でも、業者に依頼をすると電話やメールで家族にバレる可能性があるとして、業者にお願いをしたくてもバレることを恐れて自分で行うしかないと考える人もいます。
しかし、業者によっては電話をしないようにしてくれるところもあり、メールはパソコンを通して連絡をしてくれるところもあるので、家族にバレないようにすることも可能です。

クレジットカードの現金化をするときはメリットやデメリットをよく確認し、どちらで行った方が安全なのかをよく考えるようにしましょう。
注意点としては自分で行うときはクレジットカードの会社に現金化をしていることがバレないように気をつけ、業者にお願いをするという場合は入金スピードや換金率ばかりを考えるのではなく、安全性の高いところにお願いをするようにしましょう。
安全性の高い業者探しにはネット上に多く存在するクレジットカード現金化業者の比較サイトなどを参考にするといいでしょう。