クレジットカードで現金化をするときの方法

HOME » メリットデメリット » クレジットカードで現金化をするときの方法

クレジットカードで現金化をするときの方法

クレジットカードで現金化をするとき、あまり利用したことがない人にとっては何をどうしたらいいのか分からないということが多いです。
クレジットカードを使って現金化をするときは、基本的に2つの方法により行えるので、その方法について見ていきましょう。

・現金化を自分で行う方法!
現金化をするときは自分でする方法と業者に依頼をする方法で行えます。
自分で現金化をするときはクレジットカードのカード決済で商品を購入し、その商品をお店に持って行って買取をしてもらうことで現金化が可能となります。
現金化をする人によっては高額な現金が必要になるケースもあり、ブランド物や新幹線の回数券、amazonギフト券や人気のものを購入して高く買い取ってもらおうと考えている人もいます。

・現金化を業者に頼んで行ってもらう方法!
業者に頼んで現金化をしてもらうときは、全て業者が行ってくれます。
業者が現金化をする流れとしては、商品の購入を別の会社に委託して行うことでクレジットカードの決済で商品を買ってもバレにくくするという特徴があります。
また、換金したお金から手数料を差し引いた金額が入金されるというシステムです。
業者によっては換金率が高いところもあり、90%以上あるところもあるので10万円の現金化をしてもらったとしても9万円から手数料が引かれ、2万円〜3万円程度が手数料としてかかり残りの7万円〜8万円程度を口座に入金してもらえます。

このように現金化は2つの方法で行えるのですが、それぞれの方法にメリットやデメリット、注意点などがあるのでこういったことをよく確認してから現金化をするようにしましょう。
業者に依頼をするのは怖いと思っている人は自分で現金化をしたほうがいいと思います。
逆に、カードの利用が停止してしまう危険性を考えると、現金化を業者に依頼したいという人もいるので、個人個人の考え方により現金化をする方法を考えたほうがいいと思います。