クレジットカードを使って現金化をするときのメリット

HOME » メリットデメリット » クレジットカードを使って現金化をするときのメリット

クレジットカードを使って現金化をするときのメリット

クレジットカードを使った現金化は自分で行う場合と、業者に依頼する場合によりメリットが異なります。
そこで、自分で現金化をしたときはどんなメリットがあるのか、業者に依頼したときはどんなメリットがあるのかをそれぞれ紹介していきます。

・現金化を自分で行うときのメリット!
現金化は自分で行うメリットとして、還元率が高い、商品を購入した代金を知っているからある程度高く売れたほうがいいと感じられるところです。
業者に依頼をする場合は換金されたものの中から、手数料として料金が引かれてしまうのですが、自分で行えば手数料もかからず還元率を高くすることが出来ます。
また、自分のクレジットカードのカード決済で商品を購入しているため、買ったときの金額と売るときの金額を自分で把握でき、少しでも高く売ろうと考えるため高価買取をしてくれるところを探そうと考えます。
これにより、換金率を高めることが出来るため、現金化できるお金を少しでも当てにできるようになります。

・現金化を業者に依頼したときのメリット!
現金化を業者に依頼したときのメリットは入金スピードが速いこと、安全に現金化をすることが出来るというところだと思います。
業者によっては入金スピードがとても速くて最短で5分〜10分、遅くても当日中には口座に入金されます。
これにより、急に現金が必要になってもクレジットカードのキャッシングを利用する必要がなくなります。
また、クレジットカードの会社に現金化が目的でカードを利用していると思われることもないので、利用停止になるリスクが低く安全に現金化を行えるのが大きなメリットです。

自分で現金化をするときはどの商品を購入して、換金率が高くなるかを考えればいいだけなので業者に依頼をしないで自分で現金化をする人もいます。
現金化を業者に依頼したいという場合は信頼できるところにお願いをして、安心安全に現金化をしてもらえるようにすることが大切です。