現金化ってほかの方法はないの?

HOME » メリットデメリット » 現金化ってほかの方法はないの?

現金化ってほかの方法はないの?

クレジットカードの現金化を自分で行う場合は、カード会社にバレないようにする必要があります。
ブランド物の商品を買うという以外にも、ほかの方法で換金率のいいもので現金化をすることを検討してみてはいかがでしょうか。

・現金化はただ単に商品を買うというものではない!
一般的に言われている現金化は、カード決済で購入した商品を売るという形になるのですが、実はほかの方法でも現金化が可能です。
例えば、Amazonギフト券や新幹線の回数券、電子マネーからの返金という方法もあります。
Amazonギフト券であれば認知度も高く、欲しいという人も多いので安く購入することが出来れば換金率を高めることも可能となります。
また、新幹線の回数券は金券ショップにもっていけば売れますし、期間が長くて利用者が多いところであれば高く買い取ってくれるところもあります。

・電子マネーから現金化をする方法!
電子マネーで現金化をする場合はクーリングオフと言って、購入したものを返品するサービスを使って現金を手に入れる方法です。
電子マネーにあらかじめクレジットカードから入金をしておき、その電子マネーを使って商品を購入・返品をすると、電子マネーに返金することが難しいため現金での返金となります。
しかし、電子マネーを使った現金化は時間がかかるということや、何回も現金化に利用できないというところが欠点なのでいろんな方法を使って現金化をしていくといいと思います。

一定の方法で現金化を行っているとカード会社から目をつけられたり、バレてしまうことがあるので商品やAmazonギフト券、新幹線の回数券や電子マネーなどいろんな方法で現金化をしてバレないようにしていきましょう。
バレてカードの利用が停止になることを恐れるのであれば、初めから業者に依頼をして現金化をしてもらうようにしたほうがいいと思います。
また、ほかの方法としてはキャッシュバックが付いているもので現金化をしていくのがいいと思います。